majun-BLOG
大阪府箕面市 犬のお預かり専門ペットホテルmajunのブログ。沖縄の言葉で「一緒に」という意味を持つmajun。      ペットも人も一緒に心地よい時間と空間を・・・。

Copyright © 2017 majun-BLOG, All rights reserved.

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1日1回食のメリット・デメリット

2013/02/14(木)
文字色

友重です。


我が家のワンコたち(14歳・11歳・9歳)は
かれこれ3年、基本は1日1回食にしています。


理由はご飯を作る手間が1回ですむのに体調がいいからです♪



えーーー??

1回食なんてかわいそう、、、



そう思われる方もいらっしゃるでしょう。





我が家の場合は、適切な知識から
常に胃腸に消化すべきものがあるほうがかわいそう・・・と思い
胃腸に何もない状態を意識的に作ってあげようという結論になったのです。


もちろん、日によって2回食の時もありますし
たま~に3回食、又は0回食ってときも。




実は消化という作業はマラソンに匹敵するくらい
エネルギーを消耗するようです。
常に胃腸に消化すべきもの(食事やおやつ)がある場合は
身体は消化作業に手をとられ、身体の修復すべき部分の作業が
おろそかになるようです。


と、するならば・・・・



胃腸に何もない状態を作ることにより、
自ら己の身体を修復する状態に導ける♪




よく考えれば、大昔はそんな毎日を送っていたでしょう。
よく考えれば野性動物は、そのような毎日を送っているでしょう。



毎日、しかも日に何回も食べれない!



自然界では体調が悪くなると草を食べて胃の中のものを吐き戻し
丸まって寝る!という行動をしますよね。




ワンニャンが食べないと不安に思う飼い主さんが
より、食いつきの良い食べ物をこれか?あれか?と与えてみる。

人と暮らすことになったワンニャンが、もしも
あえて食べない選択をしていたとしたならば・・・



こんな場合もあるわけで、だから我が家ではあえて
1日1回食を基本としているのです。



えーーー?

それでも・・・だってお腹が減ってかわいそう、、、、




そう思ったあなたには、犬がお腹いっぱい!と感じるのは
どこまで食べたら、そう感じるのか?をご存じの上で?


私が実際にやってみた【犬はどこまで食べれるのか?体重別編】
我が家の犬での実践結果をお伝えしましょう。



続く・・・・
関連記事
スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://majunfamily.blog136.fc2.com/tb.php/597-eac83d59
 

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。